カテゴリ:つぶやき・・( 27 )
  
2012年 08月 11日

ひと月が過ぎて・・
暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いていますがここ2−3日は過ごしやすいです。
娘は別ですが私達夫婦、この夏まだエアコン2回つけただけで過ごしています。
家の中でサッシを網戸でいると扇風機で十分で、エアコン28℃で1時間もすると主人はフリース着ています。
暑いと感じるのも健康だからこそなのだと思いました。

d0113563_21285736.jpg


トイレにある今月のカレンダー、色目は違いますが舞々の目にそっくりです。

舞々が7月11日に逝ってひと月が過ぎました。
近所の子供達に「舞々ちゃんは?」と聞かれ『天国に行っちゃったのよ』と話しました。
そしたら「みんな一緒だから寂しくないよね」と目をうるうるさせて言ってくれます。

近所の子供達のお母さんが結婚した頃も、赤ちゃんがお腹の中にいた頃にも毎日同じように散歩していました。
舞々と同じ頃に生まれた3軒先の坊やはもう中学生です。
その僕が寂しいね〜と目を潤ませてお母さんと一緒にお花を持って来てくれました。
うちの子達、最後までうれしいプレゼントをくれます。

毎朝うちの子達に起こされて、一日三回お散歩行って、ご飯を作って・・・一緒に寝て・・・
私達の出来る限りのことは目一杯やって来たので後悔は1つもありませんが、寂しさだけは拭えません。
舞々だけになってからは私達の病院以外は留守番もさせず、どちらかが一緒に待っていました。
今も買い物から帰ると玄関で尻尾を振りながら待っている気がします。

およそ60年程犬と暮らしてきましたが、犬のいない生活がこんなに時間があったのだと戸惑う程です。
かと言ってこの暑さ、体調も今ひとつなのでフィルムツアーだけで、日々の買い物以外は外出もしていません。
うちの子達と毎日歩いた散歩道まだ歩く気がしないので家に閉じこもっています。

d0113563_21364722.jpg


ダイニングにあるカレンダー、今月はパパ日吉を彷彿させる写真で癒されています。


最近韓国ドラマの時代劇に嵌っています、日本の時代劇も見ないのに・・。
お友達からお借りした韓国ドラマ「根の深い木」を見始めたら面白くって・・4日で見てしまいました。(笑)
その後1週間ちょっとで「尊徳女王」を見て、前から持っていた「トンイ」も8日間で見てしまいドラマ三昧の日々を送っています。
映画「光海、王になった男」の予習と思って見始めた時代劇ですが、今はゆっくりドラマに浸っていようと思っています。

d0113563_21395959.jpg


英語バージョンの題名は『MASQUERADE』見せかけ,虚構・・2分足らずの予告編
映画想像以上にとても面白そうで楽しみです。
[PR]
by bumom | 2012-08-11 21:50 | つぶやき・・ | Comments(4)   
2011年 06月 09日

超甘ったれなベタベタの舞々(ブブ)
久々の更新ですがいつも訪れて下さりありがとうございます。m(_ _)m

d0113563_13272237.jpg

舞々も随分と歳を取り濃いタンカラーも白く変色してきました。

茶々が逝って50日余り経ち舞々もやっと一人っ子に慣れたようですが・・。
1人でお留守番が出来なくて・・いつも誰かとお留守番をしています。

茶々が逝って気が付いたこと、舞々はキチッとトイレで用を足せる子でした。(笑)
多頭飼いしていると現場を見ない限り粗相した子が特定出来ず10年以上分からずじまいで叱ること出来ませんでした。
まっ・・してしまったことを叱っても仕方がないのですが躾ることは出来たかな〜。

舞々はとても気の弱い子で今まで他の子の助けを貰って意気揚々としていたのですが、助けが無くなった今お散歩で私に隠れるように歩きます。
小さくても我が儘な犬はキャンキャンと吠えついてきますが知らん顔をして端を通って早足で通り過ぎます。
家の中から吠える犬がいる道は決して通ろうとはせず、歩く道が減りました。

d0113563_1329420.jpg


いつも私の見えるところで寝ています。

d0113563_13302932.jpg


でもどんなに良く寝ていても私達が食事になると起き出します。(*'∇')ウフ 

12歳の誕生日まで一月を切った舞々も十分な老犬でゆっくりと歩いて散歩して、天気の悪いときには外に出たがらなくなりました。
茶々が逝ってから食いしん坊を受け継いで私達の食事時に横に座って流す涎はお父さんの日吉とそっくりの大洪水です。
今までは他の子に遠慮していたのか側まで来て待つこと無かったのですが、食事の時になると台所に来てジッと見上げて待っています。

少しずつ家族構成が変わっていき、舞々も老犬になり家の中がガランとした感じがありますがこれも致し方無いですね〜。
舞々が私の犬人生最後の子になると思うと私も寂しいですが愛おしさは数倍です。
この子が逝った後を考えると重症のペットロス症候群に陥りそうですが・・今は毎日が思いで作りです。

d0113563_13321041.jpg


今はパソコン前にいる私のすぐ側でぐっすりと寝ていて少々の音では起きません。(⌒~⌒)ニンマリ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月9日は母の誕生日です、1年半前に他界した母が生きていたら今日で99歳、数えの100歳で盛大にお祝いしてあげたかった。

私は両親が歳いって生まれた末っ子です。
父が学校に来た時先生に「今日はお祖父様と一緒に来られたのね」と言われたこと忘れません。(笑)
子供なりに傷ついたのでしょうね・・。

子供の頃の母の思いではあまり無いのですよね・・
体が弱かったのですが元気なときには外で走り回り疲れては熱出して寝ていました。
でも母にいつも褒められて育った気がします、それって結構私にはプレッシャーでした。

そうそう、私の結婚式の時に主人の兄に「我が儘な子ですがおだてて下さい、おだてれば何でも素直に聞きますから・・」と母が言ったそうです。
確かに今もその風潮ありますが当時は腹立たしかったのですが、今は母なればこそと思えます。(爆)

最近フッとしたときに母のこと思い出すこと多くなりました。
娘は母との関わりを多く持つ分思い出も多いです。
小学生の頃からガンの術後の経過が思わしくなかった母、父が亡くなるまで伊豆で暮らしていた両親。
家から伊豆の家まで1日2往復したこと何回もあったな・・でも今は良い思い出なんですよね〜。
[PR]
by bumom | 2011-06-09 13:59 | つぶやき・・ | Comments(2)   
2011年 04月 20日

13年と9ヶ月と8日
d0113563_14395423.jpg


4月18日の夜6時頃に茶々は天に召され、寧々、日吉、牡丹、寿々のいる天国に旅発ちました。

d0113563_14582156.jpg


こんなにいっぱいだったうちの子達のまとめ役だった茶々

d0113563_14594331.jpg


最近は2頭の散歩は少なくなっていました。

d0113563_15362880.jpg


寒かったこの冬いつも舞々と日向ぼっこしていた茶々

d0113563_22211045.jpg


写真を探していたら寝ている写真ばかりの茶々

d0113563_156453.jpg


一昨日の朝写真撮られるの嫌いなのに真っ正面から撮らせてくれた茶々。

2ヶ月足らずの間にあちこち弱ってきていました。
でも最後までトイレで用をたし、ロウソクの火が消えていくような静かな別れでした。

主人も体調の良いときには朝晩茶々と門の外まで出て歩き、よく面倒を看ていました。
最後の1週間は自分から何かを食べること全くしなくなり、流動食と点滴で過ごしました。
動物は食べなくなったらもう近い・・何10頭か送った経験からそうおもいます。

茶々は良い妻で良い母で幸せな犬生を全うしました。
茶々と出逢えて私達家族も幸せでした、ありがとう茶々。
[PR]
by bumom | 2011-04-20 15:33 | つぶやき・・   
2011年 01月 07日

あけましておめでとうございます
d0113563_1317046.jpg


あけましておめでとうございます。
1月1日の富士山、とても綺麗でした。
昨年新年早々に母の葬儀があり、我が家は今年も喪中にしいていました。

d0113563_13263588.jpg


d0113563_13265760.jpg


d0113563_1327916.jpg


うちの子達の母娘は相変わらず食欲だけは旺盛です。
茶々は舞々が一緒だと近くの公園まで一緒に行きますが所用が済むと家に帰ります。
一緒に帰って欲しい茶々は舞々を振り返りながらなので一旦家まで一緒に帰ります。

d0113563_13313942.jpg


d0113563_1332294.jpg


舞々と川まで行き近所の八幡様まで行き、家族と彼の方、友人達の健康を祈って来ました。


d0113563_13353264.jpg


d0113563_13361147.jpg


ベージュ色の毛をした子が「ハナちゃん」で手前のシェパードは妹分の「サクラ」です。
2年前の12月に舞々の散歩で通りかかったときに撮った写真です。

お正月3日の日の夕方に舞々と少し遠くまで散歩の帰りに友人の家の前を通りかかりました。
ちょうど友人がサクラの散歩から帰ってくるところで、「ハナちゃん具合が悪いのよ・・」と・・。
舞々と一緒に家の中にいるハナちゃんに会ったら目が左右に泳いでいます。
「ハナちゃん」と声を掛けたら顔を上げて嬉しそうにして、あちこちさすって撫でていたら少しずつ目覚めて来ました。
顔を持っていたらいつものようにペロペロと顔を舐められ、少ししたら疲れたのかウトウトし始めたので帰ってきました。

d0113563_14405490.jpg


「ハナちゃん」は3月で14歳になる女の子です。
13年前の5月に友人から電話がかかり、2つ向こうの駅近くに犬差し上げますと書かれているのだけど見て欲しいと。
バイクに乗って見に行ったら2ヶ月足らずの子犬が数頭段ボールの箱の中にいました。
その中で1頭だけいた白っぽい毛の女の子、我が家のMIX犬「寧々」と良く似たかわいい子でした。
ここのが可愛いと貰ってきて家族になった子です。

うちの子達とと仲良くて小さいときから良く一緒に散歩して歩きました。
ハナちゃんは頭のいいかわいい子で、私が行くと顔中滴るほどにペロペロ舐める子です。
全身で喜んでくれ、うちの子以外にこんなにかわいい子はいませんでした。

d0113563_1440778.jpg


2日の夕方に明日帰る孫を引っ張るように元気に散歩で遠くまで歩いたそうです。
今日は予感がしていましたがもしかして良くなっているかも・・の期待はありました。
5日の夕方に静かに眠るように息を引き取ったそうです。

淡いピンクのお骨袋に入り、回りにお花をいっぱい飾られて最後まで愛されたかわいい「ハナちゃん」でした。
大事に育てられ、朝晩の散歩も欠かさず愛をいっぱい貰った「ハナちゃん」、あなたは幸せでしたね。
空の上に仲良しだった寧々や日吉や牡丹や寿々と楽しく遊んでいることでしょう。
「ハナちゃん」の出逢いから最後のお別れまで出来て良かった〜と思いました。
「ハナちゃん」またいつか何処かで会いましょうね〜、いっぱい思い出をありがとう〜。
[PR]
by bumom | 2011-01-07 14:20 | つぶやき・・ | Comments(2)   
2010年 09月 27日

今日は寿々の命日です
牡丹に続いて逝ってしまった寿々、今日は寿々の命日です。

昨年末に97歳で逝った母は人生を全うしてご苦労様、ありがとうと言う言葉で送る事が出来ました。
父と母が二人で写っている写真を置いていますが涙を流すことはありません。

昨夜1時を過ぎてから寿々の写真を今日アップしようと思い写真を整理していました。
この部屋の去年の記事を読んでいたらもう涙が止まらなくなり胸が痛くなりました。
うちの子達は私のお腹を痛めて生まれた子ではありませんが、どの子も我が子なのですよね・・。

寿々は正確には何歳なのか分からないで我が家にやって来た里子の子です。
業者が繁殖用に仕入れた子ですが発育不全で繁殖出来なかった為に処分される予定の子でした。
数年ゲージ入れっぱなしで我が家に連れてきたときに歩くことも出来ない子でした。

d0113563_12402255.jpg


我が家に来た頃の寿々、殆ど感情を表現することのない子で体重は15kg無い軽い子でした。

d0113563_1259255.jpg


我が家に来て1年半、まだおどおどしたところは消えませんが少しずつ社会復帰が出来てきています。
寿々はいつも私を目で追っていて、目が合うと小さく尻尾を振って嬉しそうな顔をしていました。

d0113563_132712.jpg


1年8ヶ月が過ぎた頃には後ろ足で立って私の膝に飛びつけるようになりました。
寿々も1つずつ出来るようになる度に不安そうな顔が消えていい顔になってきました、人の子供と一緒です。

d0113563_1305389.jpg


3年経った頃の寿々、皮膚病、糖尿と病気を抱えた子でしたがこの頃には24kg程になりました。
よく食べトイレも上手に出来るようになり、お散歩も茶々や牡丹と嬉しそうに楽しんで歩いていました。

d0113563_1354589.jpg


我が家に来て4年が過ぎた頃に大井公園でバセパがあったとき撮って頂いた写真です。
娘と一緒に牡丹と舞々と寿々を連れて行きました、3頭の個性が出た写真です。

d0113563_13105082.jpg


この写真日吉、牡丹、寿々とピアノの上にお骨と一緒に並んでいる私のお気に入りの写真です。
あの感情のない顔から、少し感情が出ておどおどした顔、そして上手に甘えられるようになった寿々、
この子の想い出は私にとって宝物です。

縁(えにし)、これは神様が人に足りない部分を養うために与えられたものだと寿々を通して思います。
たまたま主人がお休みだったので埼玉まで寿々を見に行ったこと。
現状を知って二の足踏んだけれど主人も私も素通りすることが出来なかったこと。
そして我が家の家族になって9年と7ヶ月、私に忍耐力と優しさをいっぱい置いて逝ってしまった寿々。
この子も間違いなく日吉や牡丹と一緒で神様の贈り物だったと思えます。

これを書きながら何枚のティシュを使ったでしょうか・・まだまだ涙を誘うこの子達
間違いなく雲の上で楽しく過ごしていると思える、これは私と結んだ縁だと思います。
[PR]
by bumom | 2010-09-27 13:51 | つぶやき・・ | Comments(4)   
2010年 01月 08日

静かにロウソクの火が消えていきました・・
d0113563_21441843.jpg

(1月7日の夕日に浮かぶ富士山です。)

皆様に年賀状や年賀メールいっぱい頂きありがとうございます。
何方にもお返しすることが出来ずに心が痛みましたが、松も過ぎましたのでご報告させて頂きます。


明治45年6月9日生まれの母が暮れの30日夜にロウソクが燃え尽き他界しました。
満齢97歳6ヶ月と21日、大往生でした。

亡くなる前日の29日、何かに引かれるように母に会いに実家に行きました。
行きに父の墓前にお花を添えてザッと落ち葉を拾い、
線香あげて手を合わせてから母の所に向かいました。

実家で兄夫婦が母を見てくれています。
着くなり兄が「ここ何日か急に弱ってきて春まで持たないかも・・」と。
良く寝ていましたが姉が起こしてお昼を食べさせるからと・・。

兄夫婦で母に声をかけ起こし、兄が抱きかかえて車椅子に乗せます。
プリンと小さなクリーム入りのワッフルを野草のジュースとお茶に絡めて
1時間ほどかけて「頑張れ、頑張れ」と励ましながら口に入れては背中をさすり食べさせる様は感謝と言う言葉の他は思いつきません。

母は怪我以外には一度も入院や入所もさせず自宅介護でした。
亡くなる日に救急車で近くの総合病院に連れて行き点滴など受けたようですが
様態が変わらないからと家に連れ帰り兄嫁が「頑張ったね〜」と声をかけたら声を出して笑ったそうです。
それからまもなくの旅立ちでした。

d0113563_2141817.jpg

(父の88歳米寿のお祝い、母80歳の両親です)

父の時も90歳を過ぎたお盆の前日、母もお正月前だったので自宅で子供や孫達に見送られての葬儀でした。
お坊様が来て下さりお通夜、葬儀、火葬場とご一緒して下さり母を送ってきました。
お坊様が満齢97歳、享年98歳は去年2番目の高齢者だと仰っておられました。
母に「ここまで命を全うなさっておめでたいです、97年間ご苦労様」と声掛けて下さり涙が出ました。

主人は31日に母に会いお線香を立てて手を合わせてきましたが、
疲れたのか翌日から体調が悪くなり家で休んで貰い娘と2人で参加でしたが
昨日から少しずつ回復してきています。

娘は母にとても可愛がられていたので涙していましたが、
冷たくなった母の顔に綺麗にファンデーションをぬってあげていました。
眠っているように安らかな顔をした母でした。

我が儘な母を可愛いと言って最後まで看て下さったお姉さん、ありがとうございます。
決して丈夫では無いのに最後まで母を看取ってくれたお兄ちゃん、ありがとうございます。
[PR]
by bumom | 2010-01-08 00:32 | つぶやき・・ | Comments(10)   
2009年 12月 30日

今年1年の感謝を込めて、ありがとうございます。
d0113563_22222353.jpg


今年このトロトロしたお部屋に来て下さった方々に御礼申し上げます。
ありがとうございます。<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>

今年も日没間近になり新年を迎える準備でお忙しいかと思います。

d0113563_22404118.jpg


d0113563_22415021.jpg


今年は9月に私の分身とも言える牡丹と別れ、涙も乾かないうちに寿々との別れがありました。
人では無いのですが喪中とさせていただき新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

d0113563_22355141.jpg


2010年が皆様にとって素晴らしい年であることをお祈り申し上げます。

                                 bumom
[PR]
by bumom | 2009-12-30 22:45 | つぶやき・・ | Comments(14)   
2009年 12月 05日

半月以上放置しています・・m(_ _)m
d0113563_162476.jpg

今日は雨降りですが昨日の朝は冬の景色で綺麗な富士山が見られました。

d0113563_16395591.jpg

桜の葉は殆ど落ちて絨毯になり、紅葉する川添いのモミジが綺麗です。

d0113563_16445259.jpg

近くで撮ってみました。

d0113563_16481681.jpg

川には今日は鴨のつがいが、昨日は鵜のつがいと白鷺が3羽で川で集っていました。

d0113563_16542684.jpg

川沿いの土手には水仙がいっぱい咲いています。

d0113563_16515347.jpg

散歩の途中のお宅の庭にはみかんがたわわに実っています。

d0113563_1658132.jpg

ビラカンサスも真っ赤です、隣の葉は・・分からないけど色のバランスが良かった〜。

d0113563_172573.jpg

最近はめったに川まで行かない茶々、一緒だと嬉しそうな舞々、この子達には癒されます。

d0113563_1712544.jpg

でも今朝の茶々は主人と一緒に寝ていて舞々だけの散歩で4kmあまりを30分で歩いてきました。


毎日が凄く忙しくて・・本宅もアイリス放送中もあって忙しいはあるのですよ。m(_ _)m
でもまだ主人が本調子でなくてやっと布団を上げる所までです。

去年秋から今年の初夏の頃まで私が体調崩しているあいだ主人がうちの子達とほんの少〜〜しの家事を手伝うようになりました。(笑)
でも今は何も出来ずに自分の身も持てあますほどなので私が全てやっています。

ここ1ヶ月の間病院以外は日々の買い物程度で外出もままならない状態でした。
主人も大変ですが私も心身共に疲れているので少しリフレッシュしないと・・。
もうすぐフォーカードもありますし、都会の冬を感じに外出したくなりました。(⌒〜⌒)ニンマリ

なかなか更新できませんが時々覗いてみて下さいね。<(_ _)>
[PR]
by bumom | 2009-12-05 17:24 | つぶやき・・ | Comments(4)   
2009年 09月 28日

寿々ちゃん・・しあわせをありがとう〜
d0113563_21563592.jpg

今日の夜7時半頃に寿々も神様の元に帰りました。
牡丹が逝ってから27日目の同じくらいの時間でした。

d0113563_222117.jpg

寿々は牡丹が大好きで牡丹の一の子分で、散歩はよく二人で歩いていました。

d0113563_2242937.jpg

大きくなって我が家に来た寿々は私達に優しさをいっぱい持ってきてくれました。
歩いたことのない犬、あなたが歩いて散歩に行けたときうれしかったわ〜
トイレを知らない子がトイレで出来るようになったとき・・うれしかったのよ。
普通のことが出来て当たり前、そうでないこと教えてくれたのよね。

我が儘を言わない子、いつも控えめで自己主張の無い子でした。
3日前からは後ろ足が立たなくなり歩けなくなりました。
主人と二人でトイレに出したり、病院に行ったり・・つらかったよね・・

控えめな寿々がこの3日間私を寝させてくれませんでした。
痛いのか・・辛いのか・・怖いのか・・私を呼びます。
7-8時間毎晩朝までさすったり撫でたり、止まると泣くので止められません。
主人が替わってするのですが主人ではダメなのです。
3日間寿々は目一杯自己主張して我が儘言って逝きました。
でも何だかとても嬉しかった・・。

d0113563_221711.jpg

2年ほど前の散歩中の寿々です。
私から離れることなくて・・いつも寿々のリードを持っていたのよね〜

d0113563_22222479.jpg

こんな時もあったのですよね・・でも茶々と舞々だけになってしまった・・。

d0113563_22203395.jpg

この写真はお昼寝ですが、今は寿々の好きだった場所で静かに寝ています。

寿々が息を引き取るときに主人が寿々に言った言葉・・
「牡丹を見つけるんだよ、牡丹が守ってくれるからね」って・・
そんな感じがするんですよね・・

牡丹の時にも何て声かけて良いのか・・とメール下さった方ありがとうございます。
声かけづらいお気持ちよく分かります。
今日も暇さえあれば本宅に記事をアップしていました
彼がいっぱい癒してくれていますから大丈夫なのですよ。
でも・・今は静かにいたいのでコメント欄は閉じさせて頂きます。m(_ _)m
[PR]
by bumom | 2009-09-28 22:56 | つぶやき・・   
2009年 09月 24日

手術から3日経ちました・・
d0113563_1581251.jpg


寿々、何だか顔も耳も毛の色が白くなってしまった気がします・・。
母もガンの後髪が白くなったな・・人も犬も同じですね。

昨日は朝少しのフードに100cc程の牛乳、おやつのササミジャーキー3本程食べました。
少しずつしか食べないので茶々と舞々が涎ポタポタ垂らしながら見つめています。
必ず余ったジャーキーやフード、牛乳まで貰うので珍しく舞々はご飯を残しました。

今日はお水しか飲まないので先程注射器のポンブで牛乳30cc程流し込みました。
昨日までよりも息は落ちついているけれど・・弱くなった気もします。

d0113563_1519213.jpg


茶々は今日ボーッとしているか寝ています。

d0113563_15202135.jpg


舞々は注目を浴びたくてそばを通るとお腹撫でて〜と転がります。
何かが違うことが分かっているようで、それぞれが少しずつ挙動不審です。

d0113563_1525321.jpg


寿々が好んで寝る場所は東側の狭い場所で、鼻をウーハーの中に入れ、尻尾はラックの下に入れて寝ています。
昨日からは回転が出来なくなったせいか入らなくなりました。
寿々の好きなこの場所は網戸にしておくと冷たい風の来る夏一番涼しい所てした。
これからも少しずつ形が違ってくるのでしょうね・・・。
[PR]
by bumom | 2009-09-24 15:34 | つぶやき・・ | Comments(11)